塩川駅にあったお城【会津地方の歴史】

鈴木孝夫

かつて塩川城があった、塩川駅周辺の様子です。

塩川駅にあったお城の規模は約100~150mで、駅の裏のセメントターミナルまであったようです。

今現在は、セメントターミナルは駅より土地が低いようですが、お城があった当時はセメントターミナルは土盛りされていて、お城の土地と同じ高さで塩川の中では一番土地が高く、水害の被害は受けなかったようです。

なお、山口さんのお話では、当時は、城を館とも言っていたようです。

古川

写真の場所を地図にすると、大体このぐらいの範囲ですね。近くに舘ノ内という地名も残っており、ここがお城だったことがわかります。

この記事を書いた人

塩川なまずの里の会

塩川なまずの里の会

塩川なまずの里の会は、「塩川町はとてもワクワクする、とても楽しい町作り。」「塩川町に住んでいて、良かったなぁ町作り。」「金鯰物語の舞台、塩川町。」をスローガンに活動しています。